instructorヨガインストラクター

  • HOME
  • ヨガインストラクター養成講座

ヨガインストラクター養成講座

ヨガインストラクターを目指したい方向けの養成講座です。
ヨガ理論をはじめ、歴史、東洋医学、アーユルヴェーダ、基本のポーズ、呼吸法、日本ならではの文化を取り入れたヨガなど、基礎から応用までさまざまな指導法を習得できる内容になっています。一般的な教室スタイルによるレッスンの進め方のみならず、超高齢化社会に対応できるヨガなどを学び、今後の活動に幅広く活かせます。
ヨガを深く勉強したい方にもオススメの講座です。

受講修了後

本講座修了後にはヨガインストラクターの資格取得試験の受験が可能となります。

資格認定後

資格認定者は、下記のような活動ができるようになります。

・ヨガインストラクターとして講師活動の依頼を受ける
・お住いの地域でヨガのイベントを企画運営
・ヨガなどの被災地復興支援活動に参加

こんな方に!

・インストラクターを目指したい方
・ヨガ教室のレッスンの進め方を学びたい方
・自分自身の知識や技能を高めたい方
・身近な人の健康維持に協力したい方
・超高齢社会に対応できるヨガの指導法を学びたい方
・ヨガを通して社会に貢献したいと考えている方

本講座の特徴

・ヨガ初心者でも受講可能
・ヨガインストラクターとして経験豊富な講師による指導
・ヨガの基礎的な知識からさらに深い理論や技術まで学ぶことができる
・基本ポーズのみならず応用的なポーズも学べる

現代社会における心身の健康の維持、向上、回復は喫緊の課題と考えています。
いち早く社会に役立つ人材を育成するため、カリキュラムを厳選しました。

ヨガには多くのポーズがありますので、短期間でヨガのすべてを習得することは難しいものです。しかし、一般社会において必要なものは限られており、しずくではすぐに活用できる内容を優先しています。本講座はヨガの指導で一般的に求められる最低限の知識を習得できます。

本講座の内容

Chapter 1 ヨガの理論

1. ヨガの語源
2. 歴史
3. ヨガの門
4. ヨガの目的
5. ヨガに対する考え方
6. 八支則(八段階)と十支則(十段階)
7. 丹田と正姿勢

Chepter 2 プラナヤマ

1. 呼吸とは
2. プラナヤマ
3. 肺と呼吸のしくみ
4. 呼吸が浅くなる原因
5. 呼吸による心身への影響
6. プラナヤマの効果
7. 用語
8. プラナヤマの行い方とポイント
9. バンダ
10. ナディー
11. プラナの種類
12. チャクラ
13. クンダリーニ
14. ムドラ
15. マントラ
16. 瞑想(冥想)

Chapter 3 アーサナ

1. アーサナとは
2. アーサナの効果
3. アーサナを行う時のポイント
4. シャバ アーサナ
5. ウォーミングアップ
6. アーサナをする前のほぐし(修正柔軟法)
7. 坐法・猫・ねじり・コブラ・魚・弓・バッタ・鋤・ラクダ・下を向いた犬・三角・肩立ち・アーチ・太陽礼拝
8. 五体投地法
9. 月の礼拝

Chapter 4 修正法

1. 修正法とは
2. 目的
3. 修正法の効果
4. 修正法の種類
5. 身体がゆがむ原因・パターン
6. ゆがみの種類
7. 修正体操・修正呼吸法の行い方
8. 基本修正体操法

Chapter 5 ヨガに必要な人体のしくみ

1. 骨格
2. 筋肉
3. 交感神経と副交感神経
4. ケガの原因

Chapter 6 ヨガの指導にあたり

1. 指導姿勢
2. 現場で気をつけること
3. アシスタントの役割
4. カリキュラムの組み立て方

Chapter 7 統合医療1 東洋医学とヨガ

1. なぜ東洋医学とアーユルヴェーダを学ぶのか
2. 東洋医学とは
3. 東洋医学の基本概念
4. 経絡の流れをよくする基本気功法
5. タイプ別チェック

Chapter 8 統合医療2 アーユルヴェーダとヨガ

1. アーユルヴェーダとは
2. アーユルヴェーダとヨガ
3. アーユルヴェーダの歴史的背景
4. アーユルヴェーダの八分科
5. アーユルヴェーダの特徴
6. アーユルヴェーダの目的とその手法
7. アーユルヴェーダにおける病気の捉え方
8. パンチャマハブータ
9. プラクリテイ
10. トリドーシャ
11. トリグナ
12. トリドーシャの特徴
13. 病気になる経過
14. パンチャカルマ
15. アーユルヴェーダ生活
16. アーユルヴェーダにおけるヨガの役割
17. パンチャコーシャ

よくあるご質問

Q 指導経験がないのですが、インストラクターになれるのでしょうか?
A 新たに指導を始める方は、不安のないように活動ができるよう、その都度ご相談いただけるようになっておりますので、ご安心ください。
Q 年齢制限はありますか?
A 年齢制限はございません。

平均して30代、40代の方が多いですが、実際に50代、60代の方がご受講され、その後インストラクターとして、ご活躍されている方もいらっしゃいますので年齢などは、気にせずに楽しく学んでいただければと思います。

Q 色々スクールがあり迷います。何を基準に選べば良いのでしょうか?
A 実際の一般レッスンやコース説明会に参加されることをお勧めします。

特に説明会では、スクールや講師の雰囲気、学べる内容の詳細を確認することができるので、気になるスクールの説明会や体験会に参加し直接対話することで、自分が求めているものも明確になると思います。気になる方は一度ご相談くださいね。

Q 卒業したら、就職はできますか?
A ヨガ・ピラティスのインストラクターはフリーランスで活動されている方が殆どです。

カルチャースクールやジム等でのお仕事をお考えの方は一度ご相談ください。

Q 養成講座に関する資料は他にありますか?
A こちらのページに記載された内容がすべてになります。その他の詳細はお問合せください。

お申し込みから受講までの流れ

1. お申し込み

養成講座のお申し込みとをしていただきます。
まずはメール・お電話にてお問い合わせください。

2. 受講料のお振込

1週間以内に受講料の振込をお願いいたします。
お振込みの確認をもって受講受付完了となります。

3. テキスト、資料の受け取り

使用するテキストや資料をお送りします。
持ち物などお忘れないようご確認ください。

4. 受講開始

事前に案内している場所に、お時間に遅れないようお気をつけてお越しください。

5. 受講修了

修了証を発行いたします!
本講座のすべてのカリキュラムを無事に修了した皆様には、本講座を修了したことを証明する修了証を発行しております。
また、ヨガインストラクターの資格取得試験の受験が可能となります。